フォンプラグ

高周波機器の製造・組立・調整で培ったノウハウを生かし低コストで高いクオリティーのフォンプラグを開発いたしました。2012年春よりMontreux社から発売の“Premium Cable”“Patch Cable”に、2015年春よりオヤイデ電気から発売の“QAC-222Gシリーズ”に採用して頂いています。

各部品製造部門

CNCマシニングセンター、旋盤の技術者によるこだわりの設計・加工

通常2部品以上で構成されるスリーブ部分は、ハードなコンサートツアーにも耐えうる強度確保及び電気的なロスを極力軽減する為に、真鍮バー材からの削り出しによる1ピース構造。
(対応機種:S101,S110ST,S113,S120ST,L111,L111SL)
スリーブのケーブルクランプ部分はケーブルの様々な材質・外径に対応出来るような設計。
(全機種対応)
チップも1部品の削り出しで半田端子などは使用しない1ピース構造。(全機種対応)
カバーのデザインはロゴの掘り込みなどカスタムメードによりオリジナルデザインの製作が可能。
(全機種対応)

組み立て・アッセンブリー部門

部品製造から組み立て・検査まで国内自社工場での一貫した生産管理により安定した品質を維持

「シールドケーブルのアッセンブリー」

現在当社では高周波機器以外に「Montreux」から発売のPremium Cable・Patch Cable、「ALL PARTS JAPAN」から発売のSWITCHCRAFT+BELDEN,「オヤイデ電気(NEO)」から発売のQAC-222Gシリーズ等のアッセンブリーを行っています。毎月約4000本を確実にこなす技術屋集団です。

「熟練した半田作業者による半田付け」

一般的な共晶半田から融点が220℃近くになる無鉛半田まであらゆる半田付けに対応できる作業者の高い技術による無駄の無い半田付け作業は、半田部分の抵抗値を極限まで低く抑え電気的なロスを軽減すると共に熱による部品の劣化も殆どありません。

「スペックの厳しい高周波機器組み立ての技術を持った作業者による組み立て」

高周波同軸ケーブルやアンテナなどの加工・組み立て技術を生かし、一つ一つ完成度を確認しながらの手作業で仕上げています。

「全数検査による品質確保」

電気検査は大手コネクターメーカなどが使用している検査器と同じ測定器を使用し、勘合・外観・梱包状態確認等は専門のスタッフの手で全数検査を行っています。

HKM 1/4″Phone Plug

製品紹介

【ストレートタイプ】画像クリックで拡大表示します。


ステレオプラグ、対応ケーブルΦ5~Φ8

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ5~Φ8

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ2~Φ5

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ2~Φ5

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ2~Φ5

【Lタイプ】画像クリックで拡大表示します。


モノラルプラグ、対応ケーブルΦ5~Φ8

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ3~Φ6

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ2~Φ4

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ3~Φ6

モノラルプラグ、対応ケーブルΦ2~Φ4

カスタムメード

形状、材質、表面処理など独自のデザインのプラグを少数ロットから生産可能

「カバー」

表面処理はニッケル、クロム、金メッキ、梨地、その他、ご希望に応じて処理いたします。材質も真鍮以外にりん青銅、樹脂、アルミでの加工も可能です。デザインに関しましては形状だけで無くオリジナルロゴマークなどの汎用CADデータ(DXF形式)を当社にお送りいただければCNC加工によりロゴマークを掘り込む事も可能です。

「チップ」

チップ形状においては現在ほぼ標準的な仕様となっているスイッチクラフトタイプのチップ形状の他にJIS規格、HKMオリジナルのチップ形状での製造も全機種対応いたしております。表面処理も金メッキ、ロジウムなども対応可能です。

「半田」

半田はKester44を標準使用としておりますが他の共晶半田や無鉛半田での組立も可能です。

「その他」

当社ではユーザー様の仕様にできる限り対応させていただき少しでも気に入っていただける商品の製造に心がけております。少量生産・カスタムメード等は日の出光機製作(TEL)03-3550-7471まで直接ご連絡頂くか「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせ下さい。